IT 自動化とは?

IT 自動化は、反復可能なプロセスを作成して、IT システムにおける人によるアクションの必要性を低減することによる、ビジネスにおける IT 強化のためのソフトウェアの活用を表しています。

生産性を向上させるためのテクノロジーの活用という観点では、真の自動化は常に「究極の理想」のようなものでした。1940 年代半ばに自動車産業の機械化された生産ラインにおける新たな進歩を表現するためにこの言葉が初めて作られた時から、機械が人間レベルの作業を正確に、そして効果的に行うことができるというこの考えは、ほぼすべての産業で革命を起こしてきました。デジタル時代の到来は、こうした可能性をさらに広げ、IT 自動化と呼ばれるようになる過程の中で、コンピューティングシステムとその関連する要素に自動化をもたらしたのです。

IT 自動化は「インフラストラクチャの自動化」とも呼ばれ、IT ソリューションの提供に必要なハードウェア、ソフトウェア、ネットワークコンポーネント、オペレーティングシステム (OS)、データストレージなどの制御を容易にします。

IT 自動化は、他の多くの形態の自動化と同様、人間のエージェントの手によって行わなければならない反復的で時間のかかるタスクを行うためのものです。ビジネスの適切な管理には不可欠ですが、これらのタスクの多くは、知性、創造性、抽象的な問題解決能力を、ほとんど必要としないものです。このようなタスクに直面した場合、人間の IT スタッフは貴重な時間をそのタスクに独占されてしまい、他のより戦略的な仕事に十分なエネルギーを割くことができなくなる可能性があります。

IT 自動化は、こうした問題の多くを解決します。AI や機械学習などの自動化技術を採用することで、データセンターやクラウドの導入に必要な手作業を減らし、IT 部門を他の重要な業務に集中させることができます。

企業に対する IT の要求が高まり続ける中、IT 自動化は単なる目新しさではなく、企業がますます高速で進化する現代の IT 環境で機能するために必要な要素になりつつあります。IT 自動化によって、あらゆる規模の IT チームが、出現するニーズや期待に迅速、効果的に対応できるようになり、企業の IT 人材プールを大幅に拡大する必要がなくなります。

情報技術が、ほぼ無限の様々なユースケースに適用されるように、IT 自動化の潜在的な適用範囲も同様に広範囲にわたります。一般的に、IT 自動化は以下のようなタスクに使用されています。

  • クラウドの自動化
  • インシデント管理
  • リソースプロビジョニング
  • アプリケーションの展開
  • ネットワーク管理
  • セキュリティとコンプライアンスの監視

IT 自動化には、以下に挙げるような多くの利点があります。

正確性の向上

データエラーの大部分は人為的なミスによるものであり、企業とその顧客に重大な問題を引き起こす可能性があります。しかし、データを手動で入力したり、複数のチームメンバーでタスクを実行したりすると、一貫性を維持することがほとんど不可能になります。自動化によって人的要素を制限したり排除したりできるため、すべてのタスクは毎回正しく実行されるようになります。

IT 自動化のメリット|ServiceNow

スピードの向上

上記の点と同様に、どんなに細部にこだわる人間でも、機能しているコンピューターシステムの処理速度にはかないません。IT 自動化を正しく適用することで、他の方法では不可能なほど IT 運用を高速化し、サービスとデリバリのタイムラインを大幅に短縮することができます。

コストの削減

IT 自動化を正しく利用すれば、IT タスクの完了に必要な作業時間を短縮することができます。同時に、IT スタッフは時間を有効に使い、より効率的に業務を遂行できるようになります。この 2 つの要素が組み合わさることで、IT 自動化に投資する企業に、コストの削減とリターンの向上がもたらされます。

より効率的な時間の使い方

高度な訓練を受けた IT のエキスパートは、企業にとって、彼らを雇用するために投じる資金に見合うだけの価値があります。しかし、その専門家が反復的な手作業の IT タスクに従事するようでは、企業は熟達した従業員を最大限に活用することができません。IT 自動化は、IT 専門家のタスクを軽減し、IT 専門家はより多くの時間を他の重要な業務に費やすことができるようにします。

セキュリティリスクの低減

自動化されていないプロセスでは、潜在的に重要なデータを管理するために、より多くのユーザーや関係者が当然ながら必要となります。また、ユーザーが増えるごとに、意図的であるかどうかにかかわらず、セキュリティ侵害のリスクが高まります。IT 自動化を行うと、IT タスクの実行に必要なユーザーと管理者の数を縮小することができます。さらに、自動化は、インシデントの特定と対応を改善することにも活用できます。

IT 自動化は多くのメリットをもたらしますが、同時にリスクも伴います。ここでは、いくつかのデメリットを紹介します。

エラーによる影響の規模拡大

自動化プログラムでは、エラーが発生する可能性は極めて低くなります。ただし IT 管理者が設定ミスをしたり、複雑なタスクの自動化をプログラミングする際に誤って手順をスキップしたり、重要な基礎情報を誤って扱ったりした場合、IT 自動化プログラムでは、エラーを、手動操作の場合よりもはるかに早く、広範囲に広げることになります。自動化プログラムを導入する前に十分な検証を行うことで、このようなリスクを軽減することができます。

提供されたコマンド以上の適応ができない

自動化は AI や機械学習の恩恵を受けるかもしれませんが、それ自体が「高度な知能を備えている」わけではありません。その代わりに、コマンドやスクリプトによる指示に忠実に従うように設計されています。そのため、予期せぬ逸脱が発生したり、新たな優先事項が発生したり、あるいは突発的な事象によって小さな変化が生じたりした場合、自動化システムは新しい要求に合わせて自ら機能を調整することができません。企業は、既存の自動化システムを見直し、評価し、修正するための時間を定期的に設ける必要があります。これを行わないと、自動化されたシステムはこれまでと同じように単に機能し続けるだけになってしまいます。

膨大な初期費用

IT 自動化は、長期的には企業のコスト削減に役立ちますが、初期費用の問題が残ります。簡単に言えば、IT 自動化は高額な投資であり、これらの自動化システムが投資分を回収するまでには時間がかかる可能性があるということです。企業は、IT 自動化の取り組みが、初期コストを相殺するのに十分な ROI をもたらすかどうか、慎重に評価する必要があります。

IT 自動化を最大限に活用するには、いくつかの異なる要因に依存します。ここでは、IT 自動化への投資を検討する際に念頭に置いておくべきベストプラクティスをいくつか紹介します。

明確に伝えて同意を得る

自動化の取り組みを導入しようとする際、特定のマネージャー、部署、チーム、個人から難色を示されることは珍しくありません。IT 自動化がもたらす価値・効果を、企業だけでなく、チームメンバー個人にも十分に伝えることで、関係者全員がその成功に尽力できるようになります。同時に、チームやその他のステークホルダーと密接に協力し合うことで、どのような自動化ソリューションが最も有益であるかについて、貴重なインサイトを得ることができます。

使いやすさと柔軟性を重視する

適切な IT 自動化ソリューションは、さまざまなユースケースに対応できるものでなければなりません。また、シンプルで使い勝手がよく、ユーザーが安心して利用できるものである必要があります。自動化ツールを選択する際に、使いやすさと柔軟性を重視することで、採用率が向上し、短期間での収益確保が可能になります。

成功に向けた長期的な計画を立てる

IT 自動化は、最も複雑なデジタルプロセスでさえも完全に変革させる能力を備えています。しかし、だからといって、最も複雑なプロセスから始めようとするのではなく、小さいものから始めて、長期的な計画を立てるようにしましょう。簡単な自動化から始めることで、貴重な経験を積むことができ、他の自動化の機会を見出すのに役立ちます。そして、これらの経験を基にして、より複雑なユースケースに IT 自動化を導入していくことができます。

すべてのプロセスを文書化する

明確な文書化は、シンプルなソリューションで十分である状況で、過度に複雑なソリューションが定着するのを防ぐのに役立ちます。同様に、特定の自動化で問題が発生した場合にも、文書に残した記録があれば、エラーが発生した可能性のある場所を見つけやすくなります。

チームリーダーを任命する

IT 自動化の導入は、各チームの自主性に任されている場合、なかなか進まないことがあります。IT 自動化チームのリーダーを任命することで、チームを活性化させ、自動化の推進者を生み出しましょう。このリーダーは、IT 自動化のベストプラクティスが守られていること、適切な文書が維持されていること、IT 自動化が導入されているすべての領域で目標が設定され追跡されていることを確保する責務を負います。

適切なプロジェクトを選択する

IT 自動化は、ほぼすべてのプロジェクトに導入することができますが、必ずしも常に適切であるというわけではありません。反復作業が多い継続的なプロジェクトや、エラーが発生しやすいプロジェクトは、IT 自動化に適している可能性があります。一方、1 回限りのプロジェクトや、カスタマイズが必要なプロジェクトは、自動化の恩恵をあまり受けられない可能性があります。念頭に置いていただきたいのが、自動化は、それ自体が目的であってはならず、企業がより大きな成功を収めるための手段であるべきです。もし、特定の自動化プロジェクトがその目的をサポートしていないのであれば、リーダーにはそのプロジェクトを見送ることも厭わない姿勢が必要です。

IT 自動化のための強力なケースを構築する

前述したように、自動化の取り組みを成功させるには、チーム、リーダー、ステークホルダーの賛同と支援を得ることが必要です。主要な価値・効果を明確にして、共有し、具体的な自動化案を確立されたビジネス目標に結びつけることで、IT 自動化の事例を作成します。計画の内容を明確にして、管理しやすいように分割することで、意思決定者がその計画に必要なすべてをより簡単に理解できるようにします。取り組みが軌道に乗ったら、次は、その成果の報告を行います。

Now Platform は、ServiceNow の受賞歴のあるクラウドベースのワークフロー自動化ツールセットであり、IT 自動化を成功させるために必要なすべてのものを企業に提供します。

IT 自動化の詳細

IT プロセスの最適化について詳しく学び、適切な自動化ソリューションによってビジネスをどれだけ発展させることができるかをご覧ください。

連絡先
Demo