ハイパーオートメーションとは?

ハイパーオートメーションでは、自動化することが適切な IT やビジネスのプロセスに対して、自動化機能を迅速に拡張するための様々な技術が利用されます。

自動化 (オートメーション) は、ビジネスの必須条件となりつつあり、あらゆる規模、そしてあらゆる業界の企業が、効率性を高め、精度を向上させて、貴重な従業員のリソースを時間のかかるタスクから解放するのを可能にしています。しかし、自動化の価値・効果が広く認識されるようになった今、企業はその利点をこれまで自動化されていなかった分野にも広げようとしており、自動化できるものとできないものの境界線が、ますます曖昧になってきています。最近の世界的なパンデミックを受けてデジタルビジネスが進化を続ける中、業務効率、ビジネスインテリジェンス、従業員エクスペリエンスのすべてが重要な差別化要因になっていることは明らかです。

ハイパーオートメーションは、デジタルビジネスの次の段階を象徴するものです。企業がより少ない労力でより多くのことを行える環境を構築すると同時に、業務の可視性を高めて、重要なタッチポイントすべてにおいて従業員の行動を最適化するのに役立ちます。

これらの目標を達成するために、ハイパーオートメーションでは 3 つの重要な原則を採用しています。

ビジネス戦略

ハイパーオートメーションでは、効率性を最適化するために、合理的に可能な限り業務を自動化することが戦略的に重要な課題です。これは、運用コストの削減につながります。

エンドツーエンドのアプローチ

ハイパーオートメーションは、プロセスとタスクのエンドツーエンドビューを活用して、意思決定者にビジネスの継続的改善や、オペレーショナルリスクの低減に必要な可視性とインサイトを提供します。

人優先の考え方

ハイパーオートメーションは、人々の働き方を進化させ、よりポジティブな影響を与えながら、人々のエクスペリエンスを向上させます。これにより、従業員の定着率が向上するだけでなく、収益の拡大も促進します。

ハイパーオートメーションとは、基本的にオートメーションをさらに進化させたものです。どちらの概念も、スマートなテクノロジーを応用して、人間の手を介することなく重要なタスクを完了させることを意味します。しかし、オートメーションは小規模でプロセスごとに行われるのに対し、ハイパーオートメーションは複数の自動化ツールやソリューション (AI、機械学習、ロボットによるプロセスの自動化など) を組み込んで、包括的な自動化の取り組みを構築するものです。

ハイパーオートメーションは、ビジネスの自動化機能と自動化自体の高度化の両方を拡張する技術のレイヤーを追加します。

ハイパーオートメーションの台頭は、企業を悩ませる次のような問題への直接的な対応と言えます。

運用コストの上昇

新型コロナウイルスの世界的大流行以降、新たな政策や安全/セキュリティ対策の実施により、世界中の企業で運用コストが高騰しています。ハイパーオートメーションは、余分な運用コストを削減し、企業が予算内での運用を持続するのを可能にします。

十分に活用されていない人間の潜在能力

従業員の時間の大部分は、平凡で反復的でありながら、必要不可欠なタスクに費やされがちです。ハイパーオートメーションを利用すると、これらの作業負荷を従業員から取り除き、よりやりがいのある仕事に集中する時間を作り出して、社内で能力向上のトレーニングや開発を行えるようなります。

断片的なカスタマージャーニー

タッチポイントの選択肢が多いと、カスタマージャーニーは直線的ではなくなり、次第に断片的になっていきます。ハイパーオートメーションによって、企業は無数の利用可能なチャネルを通じて購買者を追跡し、購入までのあらゆる段階で購買者をガイドし続けることができます。

ビジネスの俊敏性の欠如

最近の情勢によって、企業が生き残るためには、緊急事態に迅速に対応する能力が必要であることが示されています。ハイパーオートメーションは、新たな需要や要件に応じて迅速にスケールする能力を企業に与え、動的な市場への適応を容易にします。

ハイパーオートメーションは、企業全体の主要なプロセスを簡素化する能力を備え、企業が最高の業務効率で運営することを可能にします。つまり、ハイパーオートメーションを導入した企業は、全社的な改善を期待できます。これらのメリットは、少なくとも次の 3 つのカテゴリのいずれかに分類される傾向があります。

エクスペリエンスの向上

ハイパーオートメーションは、収益を上げると同時に、多くの時間のかかる反復的なタスクを従業員から解放します。その結果、関係者全員のエクスペリエンスを向上させることができます。

インテリジェンスの向上

ハイパーオートメーションとデータ解析は密接に連携しており、企業は自動化したタスクをより詳細に監視し分析することができます。これにより、より正確なインサイトと予測が可能になり、今日のビジネスに関連するリスクの多くを軽減することができます。

効率性の向上

最も明白な利点である効率性の向上は、2 つの方法でビジネスの収益に影響を与えます。1 つ目は、運用コストを削減し、企業は不要な経費を削減することができます。2 つ目は、従業員がより多くのことを達成できるようになることで、収益の増加につながります。

ハイパーオートメーションの具体的な取り組みはさまざまな形で行われますが、いずれもある特定の特徴を含む傾向があります。

アクセシビリティ

ハイパーオートメーションは、複雑さを軽減し、使いやすさを保証するように設計されています。そのため、ローコードツールをベースに構築されており、コンピュータサイエンスのバックグラウンドを持たない人でも、ビジネス主導の自動化を活用することができます。

共同作業

ハイパーオートメーションは、複数のチームや部門からのナレッジの提供に依存するため、IT 部門と他の事業部門との連携を強化する必要があります。

統合

ハイパーオートメーションは、基本的にあらゆるビジネスシステムにまたがる多くの異なるデジタル技術が融合され、統合されたものです。これにより、企業は個々のテクノロジーの限られた利点を超えて、全体像を表すデータとインサイトにアクセスできるようになります。

採用のしやすさ

ハイパーオートメーションは、そのアクセスのしやすさと、既存システムとの統合が容易であることから、企業内で広く採用されています。

ROI

ハイパーオートメーションソリューションは、適切に実装されることで、データのインサイトの向上、リソースの最適な配置、費用の削減をもたらし、投資利益率を向上させることができます。

ハイパーオートメーションのツールボックスには、重要なプロセスを自動化するだけでなく、企業が自動化するタスクを選択したり、それらのタスクをどのように実行するかを改善したりするのを支援するために連携する、多くの高度なテクノロジーが含まれています。企業は、重要なタスクを個別に処理するのではなく、基本的にビジネスのあらゆる側面に自動化ソリューションを適用し、企業全体で相互作用する人、プロセス、ツールをすべて単一のデータモデルによって管理することができます。

ハイパーオートメーションに不可欠なテクノロジーには、以下のようなものがあります。

ディスカバリーツール

ディスカバリーツールを使用すると、企業は既存のプロセスやタスク実行メカニズムがどのようなもので、それらがどのように機能しているかを明確に把握することができます。このデータを視覚的に表示することで、意思決定者は既存のプロセスが想定通りに機能しているかどうかを判断し、さらには、既存システムに隠れている新たな未開発の自動化の機会を見つけることができます。

自動化ツール

ハイパーオートメーションには、その名前が示すように、ワークフローの自動化ローコードアプリ統合RPA、文書処理など、さまざまな自動化ツールが組み込まれています。このため、企業は手動や非効率的な業務に対して、ユーザーの技術的スキルに合わせながら、問題解決に対処できる、目的に適した技術でのアプローチが可能になります。

AI ツール

ハイパーオートメーションは、自動化に特化した人工知能 (AI) を活用することで、意思決定のためのインテリジェントモデル、仮想エージェント、文書データのデジタル化、自然言語処理、アプリ開発支援など、さまざまな機能を可能にします。

機械学習

機械学習 (ML) は、しばしば AI ツールと組み合わせて使用され、時間の経過とともにシステムの精度と機能性を自動的に向上させるコンピュータアルゴリズムを採用しています。機械学習は、ハイパーオートメーションの効果を維持するだけでなく、使い続けることでその効果を高めるのに役立ちます。

最適化ツール

最も高度な自動化であっても、測定と評価は必要です。最適化ツールにより、企業はハイパーオートメーションソリューションのパフォーマンスを追跡し、事前に設定した KPI と比較して、プロセスの非効率性、パフォーマンスの問題、未開発の機会を特定することができます。これらのツールには、パフォーマンス分析、プロセスの最適化、継続的な改善の管理が含まれます。

前述のとおり、ハイパーオートメーションは、ほとんどの産業や多くのユースケースで活用できると考えられます。具体的には、以下のような分野で広く導入されています。

  • サプライチェーン
  • 銀行/金融
  • 小売業
  • 保険
  • ヘルスケア
  • 製造業
  • 公共
  • ライフサイエンス

ハイパーオートメーションのメリット (カスタマーエクスペリエンスの向上、ビジネスインテリジェンスの向上、業務効率の最適化) は非常に大きいのですが、このアプローチにはいくつかの課題も伴います。ここでは、ハイパーオートメーションを検討する際に、企業が認識しておくべき課題について説明します。

リソース/スキル

自動化の取り組みが不安視されるのはよくあることですが、ハイパーオートメーションも例外ではありません。従業員は、自分たちが置き換えられるのではないかと心配するかもしれませんし、企業は、このような大規模な自動化を効果的に実施するために必要となる適切な経験、リソース、高品質のデータを自分たちが持っているとは思えないかもしれません。企業は、関係者全員に準備を整えるためのトレーニングプログラムを提供し、ハイパーオートメーションの展開を成功させるためのベストプラクティスを共有することで、これらの懸念に対処することができます。

製品の選択

自動化のニーズが着実に高まる中、IT 市場でも自動化製品が増加しています。その結果、多くの企業が、どれを選択すべきか明確なインジケーターもなく、選択肢が多すぎると感じています。悩ましいところですが、この問題は、合併や買収によって利用できる製品の数が絞られていき、特定のタスクに最適な製品が残っていくことから、時間の経過とともに解決される可能性が高いと言えます。

支持

ハイパーオートメーションへの取り組みには、トップマネジメントの支持が必要です。しかし、経営幹部の納得を得られない場合は、障壁が生じる可能性が高くなります。トップダウンのアプローチで、経営陣の支持を得ることから始めると、この問題を早期に解決することができます。初めてのハイパーオートメーションプログラムからリターンが得られれば、企業全体にポジティブな認識が広まります。

予測

自動化の価値・効果が数多く証明されていることから、ハイパーオートメーションへの移行が大きなリターンをもたらす可能性があることを推測するのは難しいことではありません。しかし、企業にとって難しいのは、有形無形の両方のリターンについて、そのリターンがどの程度になるかを正確に計算することです。ハイパーオートメーションによる利益を計算する 1 つの方法は、各タスクを個別に検討することです。そのタスクを一定期間実行するための現在のコストを算出し、同じ期間、そのタスクを処理するための自動化ソリューションをセットアップして運用すると、どれだけのコストがかかるかを計算します。この 2 つの数字を比較することで、潜在的な ROI をより明確に把握することができるはずです。

ハイパーオートメーションとは、企業全体に自動化を導入し、基本的に実行されているすべてのプロセスを強化することです。このため、ハイパーオートメーションは大規模な取り組みとなり、そのようなプロジェクトに伴うすべての潜在的なハードルや落とし穴が存在します。ここでは、移行を成功させるためのいくつかのヒントを紹介します。

ビジネス目標を明確にする

企業がハイパーオートメーションに移行する理由を明確に理解しなければ、デジタルトランスフォーメーションの推進を動機付けることは難しくなります。時間をかけて達成したいことを正確に特定し、文書化することで、企業はより効果的にハイパーオートメーションの計画を立て、結果として得られる利益が目的に沿っていることを確認することができます。

利用可能なソリューションの徹底的な調査

現在、多くのハイパーオートメーションソリューションが提供されていますが、すべてのオプションがすべてのユースケースに対する正しい答えであるとは限りません。何か特定のソリューションに決定する前に、企業は徹底的な調査を行う必要があります。これには、個々のツールを吟味するだけでなく、業界の競合他社を調査し、それらの企業がすでに活用しているものを確認することも必要です。

将来の成長を視野に入れた計画

企業のハイパーオートメーションソリューションは、それと共に拡張し、進化することが可能でなければなりません。ツールを選択する際には、現在のニーズを満たすだけでなく、将来の成長に伴って予想されるニーズを満たすために、それらのツールがどの程度効果的であるかを検討するようにしてください。

人間中心のアプローチ

ハイパーオートメーションの核心は、機械やプログラムではなく、人とその働き方にあります。この事実を念頭に置き、企業はハイパーオートメーションイニシアチブの中心に人を置き、人によるアクティビティを補強し、従業員がより良いパフォーマンスを発揮して、より多くを達成できるよう適切なサポートを提供することに焦点を当てる必要があります。

ハイパーオートメーションによって、ビジネス能力における新時代が始まろうとしています。この時代はインテリジェントなテクノロジーによって推進されるかもしれませんが、「人」を中心にして構築されていきます

エンタープライズサービス管理ソリューションのリーダーである ServiceNow は、この革命の最前線にいます。包括的なローコード自動化ソリューションを提供することで、ServiceNow はビジネスのエキスパートである人々に力を与え、自動化のイノベーションを最大限に活用できる人々の手に委ねます。簡単に言うと、私たちはデジタルトランスフォーメーションを民主化し、プロの開発者以外にも開発的な業務に携わらせることで、普通の従業員が、自分が愛する仕事の改善に注力できるようにします。

受賞歴のある Now Platform® を基盤とする ServiceNow は、ハイパーオートメーションを成功させるための理想的なパートナーです。デジタルワークフローを使用することで、重要なプロセスと技術をつなぎ、従業員を本来いるべき場所、つまりあらゆるものの中心に置くことができます。

ServiceNow がお客様のデジタルトランスフォーメーションの推進にどのように貢献できるかをご確認ください。

ビジネスに合わせて拡張できる機能

Now Platform には、ワークフローを迅速、効率的にデジタル化して大規模に実行できるコア機能が含まれています。

連絡先
Demo