サプライチェーンリスク管理とは?

サプライチェーンリスクとは、企業のサプライチェーンに悪影響を与える可能性のあるイベント、状況、中断、その他の事象を指します。

サプライチェーンのリスクは、グローバル企業にとって絶えず存在する懸念事項です。予期しない脆弱性は、コスト増加と顧客満足度の低下につながりかねません。世界中のサプライチェーンマネージャーやステークホルダーは、そのような問題を緩和するために、「サプライチェーンリスク管理 (SCRM)」に注目しています。

「サプライチェーンリスク管理」という用語は、サプライチェーンに影響を与える可能性のある、あらゆる危険を特定するよう設計されたプロセス、戦略、ツールを指します。危険性の特定と評価が完了すると、ステークホルダーは SCRM 戦略を使用して、サプライチェーンのリスクを軽減し、復旧を図ります。SCRM 戦略は、企業や顧客に商品や資材の流れを中断なく提供するのに役立ちます。

サプライチェーンのアクティビティには、製品開発から調達、生産、ロジスティクスまでのすべてのアクティビティに加え、これらの調整に必要なサービスデリバリと情報システムも含まれます。

サプライチェーンリスク管理のメリット

サプライチェーンリスクの効果的なアセスメントと管理は、多くの点でプラスの効果があります。効果には、以下の利点が含まれます。

  • 利益損失機会の低減
  • 生産、フルフィルメント、デリバリにおけるピーク効率の確保
  • サプライチェーンに影響を与える緊急事態への対応におけるスピードと有効性の向上
  • コンプライアンスの維持と規制の問題への対応
  • サプライチェーンの予期しない中断に対処できる信頼性の高いプロセスの構築
  • ブランドの評判の保護
  • 競争力の強化
  • 顧客満足度の向上

消費者の多くは、製品が必要なときにいつでも用意されて、利用できることを当然のことと考えていますが、実際のところ、サプライチェーンは非常に脆弱です。クリスマス用の飾りライトが 1 つの電球が切れると全部が点灯しなくなるのと同じように、中断のリスクは、すべてのサプライヤーと、サプライチェーンの全レベルでのほぼすべてのアクティビティに存在します。

サプライチェーン自体は、たった 1 つのサプライヤーか、場合によっては数千のサプライヤーで構成できます。たとえば、製薬会社では、薬のビンを供給するサプライヤー、梱包材のサプライヤー、ラベルやその他を扱う複数のサプライヤーを必要とする場合があります。同じく、サービスデリバリのために人材を提供する企業でも、サードパーティのクレジットカード決済会社を利用し、その会社は信用調査会社を利用します。

サービスデリバリの信頼性と適切なタイミングは、それぞれのサプライヤーによって左右されます。つまり、サービスが期待どおりに提供されないと、対象のサービスや製品は、スケジュールどおり、正しい費用で、目的地に届かなくなるおそれがあります。

SCRM プロセスでは、最初にサプライチェーン内の関係者を特定し、最も重要なサプライヤーを重視します。これらのサプライヤーは、商品やサービスを提供する別のサプライヤーと同様、法令遵守について評価されます。各サプライヤーは、過去のパフォーマンスと潜在的なリスクに関するインサイトを基に評価されます。問題が見つかると、ただちに対処され、可能な限り迅速に解決されます。最後に、内部のステークホルダーは、リアルタイムダッシュボードと最新レポートを利用して、サプライヤーやサプライチェーンに新たな変化がないか、監視を続けることができます。

平たく言えば、SCRM プロセスは、以下の 4 つのステップで構成されます。

サプライチェーンリスク管理プロセス | ServiceNow

識別

サプライチェーンに影響を与える可能性のあるリスクと、リスクが見つかる可能性のあるチェーンの該当箇所をカタログ化します。

数値化

ビジネスに及ぶ可能性のあるリスクによる、運用、財務、評判への影響を評価します。

緩和

サプライチェーンの中断による悪影響を埋め合わせるための戦略と戦術を構築または特定します。

対応

中断に対する応答の迅速さと、業務の復旧に要する時間を判断します。

考えられるサプライチェーンリスクのすべてについて、詳しく説明するのは難しいことです。途中の各ステップは、運用上の障害、サイバー攻撃、災害、パンデミック、地域の不安定化、景気後退など、多くの潜在的な問題による影響を受ける場合があります。そして残念ながら、サプライチェーンの強度は、最も脆弱なリンクと同程度でしかありません。

その点を考慮して、多くのサプライチェーンマネージャーは、リスクを 6 つのカテゴリにグループ化しています。

サイバー

最新テクノロジーに依存しているサプライヤーは、サイバー攻撃の犠牲になるか、サイバーセキュリティ要件への非準拠を原因とする問題が発生する可能性があります。いずれの場合も、リスクによってサプライヤーと供給ラインに損害が生じ、間接的にビジネスに害を及ぼす可能性があります。

フィナンシャル

市場の変動、倒産、地域の景気後退などはすべて、サプライヤーの財務状態に深刻な脅威をもたらす可能性があります。サプライヤーがコストの削減、販路の縮小、価格の値上げ、さらには恒久的な取引停止をせざるを得なくなると、サプライヤーに依存するビジネスは苦境に陥ります。

地政学的

政権の交代、戦争の勃発、予期しない料金の値上げが起きると、サプライチェーンが影響を受けることがあります。その影響は納期のわずかな遅れや少額のコスト増加など、小規模に留まる場合もありますが、完全な中断、さらには購入する商品や資材の減少にまで及ぶこともあります。

人為的

個人やグループによる行動や不履行の結果として発生する火災、爆発、その他のリスクも、同様に、サプライチェーンに深刻な問題をもたらすことがあります。また、サプライヤーは中断が発生しても報告しない場合があるため、サプライヤーに依存している企業は、人為的なリスクの事象についてサプライチェーンを積極的に監視する必要があります。

自然

時として、地球や環境自体が原因で、重要なサプライチェーンに中断が生じることがあります。地震や台風、暴風雪などによる自然災害は、十分な警告なしに発生し、グローバルサプライチェーンが大きく混乱する可能性があります。

評判

「付き合う仲間で人柄が判断される」とはよく言われることですが、サプライチェーンにもそれと同じことが言えます。なぜなら、サプライヤーの行動が原因で風評被害が生まれる場合があるからです。その最たるものが企業の社会的責任とコンプライアンスに関連する問題です。

インターネットが発展し、サプライチェーン管理の主要な環境となるのに伴い、複雑なデジタルエコシステムが出現し始めました。企業が直線的なサプライチェーンで、ほぼ地元のサプライヤーとのみ取引していた時代は終わりました。今では、サプライヤーや競合相手が地球の反対側にいても不思議ではありません。

同時に、インターネット販売で提供される無制限に近いアクセシビリティや選択肢により、消費者の期待は増大しています。競争は激化し、顧客はすぐにブランドを乗り換え、サプライチェーンの複雑化に伴い、リスクも拡大しています。

このような傾向に対抗するために、企業にはスピード、低価格、高品質が求められ、サプライチェーンにも改善が必要になります。

そのためにも、企業は以下にあげる 3 つの主要な課題を克服する必要があります。

透明性

1 つの製品に貢献するサプライヤーの数は、計り知れません。サプライベースの透明性 (どのサプライヤーがどの段階で貢献しているかを正確に特定する能力) は、サプライチェーンマネージャーにとって大きな課題です。

スコーピング

供給ラインが直面する潜在的なリスクの数を完全に説明するのは難しいですが、各リスクの発生確率、重大度、影響を正しく評価するのはさらに困難です。起こりうるリスクの規模と範囲を詳細に把握していなければ、新たな問題を数値化して軽減することは不可能です。

専有データ

すべてのサプライヤーが重要なデータの共有を歓迎するとは限りません。そのため、サプライチェーンの内部に死角が生じ、可視性が損なわれ、SCRM に不可欠な情報へのアクセスが制限されることが考えられます。

このような課題により、効果的な SCRM の実現が困難になることもありますが、適切なツールがあれば、違いを補うことができます。ServiceNow Vendor Risk Management は、自動化、レポート、修復ソリューションにより、重要なサプライチェーンが円滑に機能できるよう支援します。

ServiceNow の Vendor Risk Management は、高度なテクノロジーを導入し、高速でスマートな接続ソリューションを促進することで、重要なサプライチェーンの保護に必要なリソースとサポートを提供します。

自動化されたワークフローとエンタープライズリスクにサードパーティのリスクを結び付けることで、企業はエコシステム全体の可視性を最適化できます。継続的な監視とインテリジェントな評価ツールは、新たな問題を迅速に特定するのに役立ちます。また、ベンダーエコシステム全体の一貫したワークフローにより、統一された協調的な対応ができます。

その結果、ベンダーと従業員の効率性向上、サプライチェーンのレジリエンス向上、リスク態勢の最適化、企業全体の完全な統合が実現します。

Risk Management を始めましょう

ServiceNow でリスクとレジリエンスをリアルタイムで管理

連絡先
Demo