モノのインターネット (IoT) とは?

「モノのインターネット」(IoT) とは、物理的な対象物をインターネットに接続して、他のデバイスとデータを交換する方法を説明した概念です。

インターネット接続がデスクトップパソコンのみで完結していた時代は、過去のものになりました。今やインターネットは、モバイルデジタルデバイスという形で、どこにでも移動できます。そして、モバイル接続により、インターネットという概念自体が拡大しています。IoT にはインターネット接続可能な何十億もの「モノ」、つまりセンサーなどの技術が組み込まれ、インターネットを介してデータを送受信できる日常的な物が含まれています。

IoT 自体は、インターネット対応のスマートデバイス網で構成されています。それぞれのデバイスは異なりますが、ある共通点があります。

IoT デバイスは、データを収集するのが基本です。各デバイスは、それ自体が固有のインターネット IP アドレスを持つ、自己完結型のコンピューターです。内蔵のセンサーによって自動的に収集されたデータは、インターネットを通じて共有され、人が介在することなく、モノ、システム、人の間でデータを転送できます。IoT デバイスは、単純なモニタリング機器から、複雑な自己制御機械や AI を搭載した機器まで、その複雑さはさまざまです。

IoT デバイスが周囲とやり取りすると、内蔵センサーによって関連データが収集されます。たとえば、最新の風力発電機であれば、モーターの温度、風速、回転数などのデータを収集できます。

データが取り込まれると、そのデータはクラウドに送信されます。それには、イーサネットの直接接続、Wi-Fi、4G や 5G のモバイル通信、Bluetooth、省電力広域ネットワーク、衛星通信など、さまざまな方法を利用できます。これらのオプションは、帯域幅、対象範囲、可用性の面でそれぞれ長所と短所があります。個々の IoT デバイスは、多くの場合、特定の接続プロトコル向けに最適化されています。

IoT のデータがクラウドに届くと、サーバーベースのソフトウェアで処理されます。処理済みの情報は、エンドユーザーに提供され、利用できるようになります。たとえば、スマートサーモスタットは、温度データを所定の範囲と比較します。温度が許容範囲内であれば、何もする必要はありませんが、温度が許容範囲外の場合、サーモスタットはユーザーに警告を通知したり、部屋の暖房や冷房システムを自動的に作動させて温度を許容範囲内に戻したりすることができます。

B2B アプリケーションの場合、データは遠隔地のオペレーションチームで利用できるようになり、事前に決められたルールによって検出された問題をトリアージして調査します。そして、リモートで対応するか、フィールドサービス技術者を派遣して現地で解決するかを決定します。また、潜在的な問題に先回りして対処することもできます。遠隔地のオペレーションチームは、機器の故障の兆候を監視することで、機器が完全に故障してしまう前に、予防メンテナンスを実施して問題を早期に解決できます。

多くの場合、ユーザーは接続されたアプリケーションを介して、モバイルデバイスや Web ブラウザーから直接 IoT プラットフォームに接続できます。そのため、パラメーターの設定や調整、デバイスの実行状況の確認ができます。ユーザーが機器に変更を加えると、IoT デバイスはクラウドに情報を送信します。情報はクラウドで処理された後、機器本体に提供されます。

モノのインターネットの普及に伴い、従来はデジタルに対応していなかったものがインターネット接続によって、その恩恵を受けるユースケースも増えています。これには、日照時間に合わせて明るさを調節するスマート電球や、従来はバラバラだったシステムや機器を連携させ、業務の改善や最適化を図るスマート「ファクトリー」など、あらゆるケースが含まれます。

こうした実際のアプリケーションの多くは、以下の 3 つのカテゴリに分類されます。

IoT デバイス – ServiceNow

コンシューマー向け IoT

コンシューマー向け IoT は、個々の消費者が購入、所有、操作する物理的な IoT デバイスで構成されます。これには以下のように、よく知られたスマート機器が多く含まれます。

  • フィットネストラッカー
  • ヘルスセンサー
  • スマートサーモスタット
  • 大気質センサー
  • スマートドアロック
  • オーディオアシスタント
  • ワイヤレスプリンター
  • VOIP 電話
  • スマート照明
  • 衝突検知センサー
  • 家庭用エネルギー監視・制御
  • スマート家電
  • スマート煙感知器

エンタープライズ向け IoT

特定のテクノロジーとしてはコンシューマー向け IoT と重なる部分があるかもしれませんが、エンタープライズ向け IoT は、ビジネスや小売の場所に関連するデータの収集や共有、データに基づく行動に重点を置いています。これには、次のようなものが含まれます。

  • スマート風力発電機
  • コネクテッドカー
  • スマートエネルギーグリッド
  • 土壌/灌漑用モニタリング装置
  • サプライチェーントラッカー
  • 在庫管理用タグ
  • 患者モニタリング装置
  • スマートファーミングシステム

産業向け IoT

産業向け IoT (IIoT) も注目されており、工場や製造業などの産業組織では、デバイスの相互作用に対する理解が深まり、管理できるようになりました。たとえば、次のようなシステムがあります。

  • 産業用制御システム
  • 生産監視
  • 予測型機械分析装置
  • 作業用ウェアラブル
  • 品質管理システム
  • リモートプロセスの自動化と最適化
  • 温度、流量、圧力、湿度センサー
  • 条件ベースのメンテナンスアラート
  • 位置情報ビーコン

上記の 3 つのカテゴリには重複する点が多く、コンシューマー、エンタープライズ、産業向けのアプリケーションで同種の IoT デバイスが数多く導入されていることも注目に値します。

ビジネスにおける IoT には、明らかな利点がいくつかありますが、おそらく最も重要なのは、「人々」の支援と「プロセス」の最適化を中心とするものです。ここでは、その主なメリットをご紹介します。

従業員の生産性向上

従業員はビジネスの成功を左右するものです。必要なリソースとサポートを従業員に提供すれば、各自が能力を発揮し、会社全体のビジネス成長を促進できます。IoT は、正確な分析、携帯デバイスを介したコラボレーションの簡素化、企業の全従業員に対する効果的なモニタリング、コントロール、管理を可能にすることで、従業員やマネージャーを支援します。また、IoT によって自動化が進み、オフィスではさまざまな接続デバイスを導入することで反復作業が自動化され、貴重な従業員がより複雑な業務に集中できるようになります。 その結果、IoT で強化された従業員は、より短時間でより多くの成果を達成できます。

プロセスの最適化

プロセスを最適化する最初のステップは、データの使われ方と使用のタイミングに関する情報を収集することです。IoT デバイスは、そのようなデータを自動的、継続的に提供するので、ビジネスプロセス管理チームは、プロセスを精査して、強みと弱点を評価し、非効率性などの潜在的な問題を特定できます。IoT は、既存のビジネスプロセスの全体像を明確化することで、重要な業務の進め方を見直して改善するのに役立ちます。

カスタマーエクスペリエンスの強化

顧客には、それぞれ特有のニーズや要求があります。ポジティブなカスタマーエクスペリエンスを提供するには、個人レベルでそのニーズを理解し、対応することが重要です。IoT は、顧客の購買習慣や嗜好に関連する信頼性の高いデータを提供できます。企業はコネクテッドプロダクトによる行動分析を応用することで、顧客や個人をより正確に把握できるようになります。このような知識を得ることで、個人のカスタマーエクスペリエンスをより正確にパーソナライズできます。

リモートによるモニタリングとコントロール

IoT 機器を導入することで、自社の製品や社内システムに関する正確な最新情報を大量に収集できます。たとえば、機械に関するデータをモニタリングすることで、部品の不具合を即座に特定し、修理や交換を実施することで、故障による損害を未然に防ぐことができます。同様に、常時監視は、法令遵守の問題に対する信頼性の高いソリューションです。規制に準拠していない機器、プロセス、従業員を迅速に特定し、是正措置を講じて、規制への準拠を徹底します。

IoT のメリットとは裏腹に、企業やコンシューマーが注意すべき潜在的なセキュリティ上の問題はいくつかあります。

機密データの過度な共有

IoT 機器の多くは、自動的にデータを収集し、共有するように設計されているため、機密情報が流出してしまうおそれがあります。たとえば、会話の内容から興味や購買傾向を判断できるコンシューマー向けの IoT 音声アシスタントデバイスは、機密性の高い個人情報を傍受してしまうこともあります。デバイスが傍受できる発言は、基本的にその機器にとって格好の標的となります。多くの場合、機密データの適切な取扱いは、IoT 機器メーカー自身に任されています。

ハッカーからの保護が不十分

IoT デバイスの多くは、最も基本的なタスク (データの収集や共有など) だけを実行するよう、機能がギリギリまで削減され、簡素化されたコンピューターです。とは言え、これらのデバイスがインターネットに接続された「コンピューター」であることに変わりはありません。多くの IoT 企業では、業務プロセスの合理化により、IoT デバイスが外部の攻撃者からの影響を受けやすくなるおそれがあります。

ハッカーは、会社のデスクトップパソコンやモバイルデバイスのファイアウォールなどのセキュリティ対策は突破できないかもしれませんが、セキュリティ保護されていない IoT 産業機械からシステムに侵入することは十分に考えられます。そうすることで、ハッカーは重要な IoT デバイスを直接攻撃できるだけでなく、企業のネットワークに内部からアクセスし、重要なデータを盗聴、破壊、窃取するチャンスを得ることができます。

既存の欠陥に対処できない

IoT デバイスのメーカーは欠陥を公表しており、残念ながらパッチを適用できないソフトウェアが多くのデバイスに含まれていることがわかっています。IoT 機器自体には更新機能がないため、欠陥が発見されても、その欠陥が悪用されないようにするための選択肢はほとんどありません。そのため、一部の IoT デバイスは恒久的に危険にさらされることになります。

IoT デバイスとデバイスを利用するユーザーや企業を保護するのは、簡単なことではありません。セキュリティ機能を追加することで限られた IoT リソースが使用され、IoT 機器の機能に影響を与える可能性があります。それに加えて、IoT ベンダーの間では、高度な IoT 保護を提供するための標準化がほとんど行われていません。

とは言え、IoT セキュリティの脅威のうち、より明白なものに対しては、ユーザーや企業が次のような対策を実施して防御できます。

  • パスワードの強化
  • 認証/承認方法の改善
  • ネットワークセグメンテーション
  • 暗号化の強化
  • 実践的な暗号化

オンライン接続されて機能するデバイスの増加に伴い、データ容量を増やす必要性も高まっています。そのため、IoT 関連企業の多くは、社内のサーバーやデータストレージで対応する代わりに、クラウドでのデータ処理に移行しています。このためクラウドデジタルプラットフォームは、必然的に IoT 向けのリソースとなります。企業はデータをシステムやプロセスと連携できるようになり、IoT へのアプローチが効率化しています。それをリードしているのが ServiceNow です。

受賞歴のある Now Platform 上に構築された ServiceNow の Connected Operations により、企業は IoT 投資の価値を最大限に高め、ダッシュボードを超えて問題解決を自動化できます。IoT データと高度なデジタルワークフローを組み合わせた Connected Operations により、問題に発展する前に課題を自動的に解決し、単一の集中型プラットフォームでチームをまとめることができます。

オンライン接続されて機能するデバイスの増加に伴い、データ容量を増やす必要性も高まっています。そのため、IoT 関連企業の多くは、社内のサーバーやデータストレージで対応する代わりに、クラウドでのデータ処理に移行しています。このためクラウドデジタルプラットフォームは、必然的に IoT 向けのリソースとなります。企業はデータをシステムやプロセスと連携できるようになり、IoT へのアプローチが効率化しています。それをリードしているのが ServiceNow です。

受賞歴のある Now Platform 上に構築された ServiceNow の Connected Operations により、企業は IoT 投資の価値を最大限に高め、ダッシュボードを超えて問題解決を自動化できます。IoT データと高度なデジタルワークフローを組み合わせた Connected Operations により、問題に発展する前に課題を自動的に解決し、単一の集中型プラットフォームでチームをまとめることができます。

IoT の詳細のご紹介

ServiceNow Connected Operations の詳細をご覧ください。ダッシュボードを超えて、IoT で問題解決を自動化する方法をご紹介します。

お問合せ
デモ