エンタープライズ SaaS とは?

エンタープライズ (大企業) 向けサービスとしてのソフトウェア (Software-as-a-Service) は、企業がインターネット経由で有料サービスとしてアプリケーションにアクセスして使用するソリューションです。

競争力を維持し顧客のニーズを満たし続けるため、現代のビジネスは効果的なソフトウェアソリューションが頼りです。ところが、必要なハードウェアの設置とメンテナンス、プログラムの設定、最新のパッチとアップグレードの適用の間で、多くの企業は社内ソフトウェアソリューションがあまりにも高額で時間もかかりすぎると考えています。

その解決策として最新のクラウドテクノロジーが提供するのが SaaS (software-as-a-service) です。エンタープライズ SaaS を導入すると、企業は強力なソフトウェアアプリケーションを、オンサイトで保有しなくても利用できます。ソフトウェアベンダーがサーバー、データベース、コードをホストしてソフトウェアが機能するように維持するので、企業は認証済みの安全なインターネット接続を経由してそのソフトウェアにアクセスするための料金を支払うだけです。

SaaS はエンタープライズ IT サービスの運用コストを削減するという効果をもたらしながら、IT スタッフをソフトウェアのメンテナンスと修復に関わるタスクからも解放します。その結果、企業組織全体の効率が高まり、運用コストが削減され、最新のアプリケーションソリューションを利用できるといった多くのメリットがあります。

一元化ホスティングと展開

SaaS は異なる配信チャネルを不要にし、間接費を削減し、より効率的で一貫性のある形のネットワーク管理を可能にします。

展開の統一プラットフォーム

異なるオペレーティングシステムやオペレーティングプラットフォームの使用に対応するため個別のソフトウェアパッケージを必要とするのではなく、SaaS は単一プラットフォームと統一クライアントインターフェイスを利用し、ユーザーはソフトウェアにインターネットと標準 Web ブラウザーでアクセスできます。

オープンコラボレーションと共有

SaaS は、タスク、情報、データを他の社内外のユーザーと共有することを制御するために企業に必要なツールを提供します。

最近のインクラウドコンピューティングによって、エンタープライズ SaaS ビジネスモデルは世界中の企業が広く使用するオプションになりました。

オーナーシップのコスト削減

SaaS は先行コストが少なくて済むため、費用の削減と管理を目指す企業にとって最適な選択肢です。規模の経済もオーナーシップのタイムラインにかかるコストの削減に貢献します。

エンタープライズ SaaS のさまざまなメリットを示した図

迅速な展開

ソフトウェアの展開と設定は、もはや迅速というより瞬時に行われます。ソフトウェアの設定やパッチ適用に時間をかける必要はありません。SaaS ベンダーが事前にすべて処理しているからです。

新機能を迅速にインストール

ホスト会社によるリリース管理はアプリケーションとその可用性への影響を最小限に抑えます。ユーザーがアクセスする必要が生じた時、ソフトウェアは常に最新の状態です。

人件費の削減

SaaS は、システム管理、ビジネスインテリジェンス、データベースを監督する IT スタッフを増員する必要がありません。現在の IT スタッフもソフトウェアの管理やメンテナンスといった雑用ではなく、より人手の必要なプロジェクトに回すことができます。

追加ハードウェアは不要

ソフトウェアには専用サーバーなどのハードウェアが必要ですが、SaaS ではそのようなハードウェアを導入企業側がオンサイトで管理、メンテナンスする必要はありません。SaaS サービスプロバイダーがハードウェアにまつわるタスクをすべて請け負います。ユーザーはインターネット対応デバイスを用意するだけでソフトウェアの可用性をフル活用できます。

ROI と生産性の向上

SaaS の管理と展開を成功させるための煩わしい部分は SaaS ベンダーが担います。このためソフトウェアのユーザーである企業の生産性は高まり、アプリケーションの信頼性とセキュリティも向上します。

SaaS は価値あるツールとリソースをもたらしますが、それにまつわる維持管理は不要です。アプリケーションを従業員に配布する際も安全にセキュリティを確保しつつ、SaaS データ統合のための設定は不要です。また SaaS によりインフラストラクチャの活用効率が向上し、稼働率が最大 10 倍にもなります。手動のネットワーク管理は SaaS データベースホストによって行われるため、ネットワーク管理にまつわる手作業の負担もなくなります。

つまり細かいことは SaaS に任せて、お客様はビジネスに集中できるということです。ソフトウェア層の可用性を高めてアプリケーションをサーバーのゲストとして扱うことにより、アプリケーションの構築に要する時間を最大 90% 短縮できます。

ホステッドサービスは驚異的なスピードで拡大しており、エンタープライズレベルの SaaS はますます主流になっています。多くのグローバル企業が今や自社のパフォーマンスのミッションクリティカルなプロセスを管理することを選んでいます。エンタープライズレベルの SaaS はどの企業にも最適というわけではありませんが、コスト削減とプロジェクト成功率向上の手段としては非常に優れています。

SaaS の成長を促す大きな要因として、展開の容易さ、スピード、抑えた費用、総所有コスト (TCO) の低さが挙げられます。主なメリットには、オプトイン機能、コアテクノロジーに影響しないアップグレードオプション、使用する要素の分析機能、中間費の最小化、低コストのプロビジョニングなどがあります。

さらに、最上位品質の SaaS ソリューションを個々のビジネスに合わせて調整可能な点も重要です。カスタマイズオプションは従来のソフトウェアには必ずしも搭載されていませんでしたが、SaaS アプリケーションははるかに使いやすく、大幅に簡素化されたインターフェイスオプションで簡単に構成できるように設計されています。SaaS エンタープライズソリューションは最新のオープンな Web ベースアーキテクチャと低コストのツールを使用するため、ベンダーは費用対効果の高い方法で新しい機能を構築、テスト、展開することができます。

具体的な規格はありませんが、SaaS の実装については主な検討事項があります。

構成の成熟度

成熟度の高い SaaS ソリューションは、拡張と構成が可能な、効率のよいマルチテナントです。また多層アーキテクチャを使用してロードバランシングをサポートするため、SaaS サービスの需要拡大に対応し、アーキテクチャを変更せずにサポートできます。データ移行キャパシティ、クラウドソリューションの統合、アプリケーション移行の要件がある場合もあります。

データセキュリティ

SaaS の実装フェーズではデータセキュリティにも対応します。SaaS プロバイダーにとっては堅牢なセキュリティ対策を実装中に取り入れて、オフプレミスにデータを保管することに対する企業の不安を和らげることが重要です。考慮すべき要素としては、データのプライバシー、データのオーナーシップ、セキュリティパッチ管理、ユーザーと ID の管理、コンプライアンスなどがあります。

ユーザートレーニング

ユーザーのトレーニングオプションを検討する必要があります。ユーザーが SaaS のオプションを理解していないと、ユーザーへの定着の妨げになります。これが従量制モデルを使用している場合は SaaS サービスの収益の遅れにもつながります。

一般に、エンタープライズソフトウェアは企業が購入して自社サーバーにインストールするソフトウェアですが、SaaS はレンタルでクラウドにホスティングされ、インターネット経由でアクセスするソフトウェアです。以下の点に違いがあります。

カスタマイズ可能性

従来型のエンタープライズソフトウェアは企業が所有して自社のニーズに対応するためのオプションがあるため、カスタマイズが可能です。SaaS ソフトウェアは一般にカスタマイズ可能性は低く、マルチテナント環境用にビルトインされたツールのみに制限されています。過剰なカスタマイズはデータベースに変更を加え、他の組織による使用方法も変えてしまいます。

クエリとレポート

SaaS はマルチテナント環境のため、過剰なカスタマイズは多大なプロセスのオーバーヘッドを生み出します。プロセスのオーバーヘッドが増えすぎると、そのデータベースを使用するクライアントにも影響が及びます。そのため、SaaS ソリューションはユーザー向けクエリとレポートのタイプに制限があります。

セキュリティ

多くの企業はデータセキュリティを SaaS ベンダーに委ねてしまうことに抵抗がありますが、現実には SaaS ビジネスは組織と顧客の機密情報を保護する能力に左右されます。そのため、こうしたベンダーはセキュリティ技術に多額の投資をし、この領域においてほとんどのスタンドアロン型ビジネスより優れたサービスを提供しています。また SaaS には専門のセキュリティチームやほぼ瞬時のパッチ適用と更新が新たに用意されています。これで新たな脅威と脆弱性に対処できるため、ほとんどのユーザーにとって信頼できるセキュリティオプションとなっています。

機能

SaaS システムは企業が必要とするすべての機能を実行できないかもしれませんが、エンタープライズソフトウェアはカスタマイズ性や機能オプションでは優る傾向があります。

価格/キャッシュフロー

エンタープライズソフトウェアは通常、ソフトウェアのライセンス付与、メンテナンス、カスタマイズサービスに対して料金を課します。SaaS の料金モデルは一般に、サービスと使用量に対する月額料金制です。エンタープライズソフトウェアの購入は初期費用が高額になります。平均で、SaaS のコストの約 7 年分がエンタープライズソフトウェアのコストに相当します。

可能性を発掘する

ソフトウェアライセンス、ハードウェア資産、クラウドのエンドツーエンドのライフサイクルを 1 つのプラットフォームで自動化します。

連絡先
Demo