在庫管理とは?

在庫管理とは、原材料や製品など、企業の在庫の供給、保管、使用におけるあらゆるプロセスとツールです。

単純に言うと、在庫管理とは企業が常に適切な数量の品目を適切な場所に適切な期間、適切なコストと価格で維持することを目的とします。

在庫コントロールは在庫管理に含まれる概念であり、主に現在保管されている在庫の管理に関連し、所定の在庫を効率よく保管、整理し、それに伴う時間とコストを抑えることが目的です。

在庫管理には、製造、サプライチェーン、フルフィルメント、販売、報告など、在庫コントロールに至るまでのあらゆるプロセスが含まれます。このため、在庫管理を確実に行うことが、効果的な在庫コントロールの基本的な前提条件となります。

  • 完成品
    顧客に販売する製品です。
  • MRO 用品
    メンテナンス、修理、整備のための備品や消耗品。販売用でなく、製造プロセスをサポートする在庫です。
  • 原材料
    完成品の製造に必要な材料です。
  • 安全在庫
    供給に不足がある場合や、予期しない需要増に対応するための完成品の予備在庫です。
  • 未完成品
    製造を終えてない未完成の製品です。

多くの場合、在庫は企業のアイデンティティであり、単に大切な資産というだけでなく、顧客とつながるうえでの第一の要素となります。必要なときに必要な場所に在庫がなければ、顧客はすぐさま不満を抱えます。また、過剰在庫や大量の返品はビジネスリソースの大きな浪費につながりますが、それは氷山の一角にすぎません。

ビジネスを合理化

過剰な在庫を持たずに顧客の需要に応えるのは極めて繊細なバランスが求められる問題です。在庫のリスクを抑制しすぎると顧客を遠ざけてしまいますし、一方で、過剰な在庫を抱えるも危険です。必要量を大きく超える在庫を抱える企業は、過剰在庫の保管に余計なコストがかかり、顧客のさらなる購買を促すために大きく割引をするか、さらには不要な在庫を破棄して全損とせざるを得なくなります。

在庫は複雑な生き物です。よく観察し、分析し、適応しなければなりません。効果的な在庫管理により企業はコストを削減し、重要なプロセスを改善して業務を簡素化し、収益を高めることができます。

顧客満足度の向上

顧客からの注文に応えて製品を提供する能力は、企業全体の成功に大きく影響します。これは 1 回の購入や時間通りの発注を超えるものです。納品できない、誤った製品を届けた、あるいは納期に遅れたら、顧客の期待は下がります。不満を抱えた顧客は、問題に対処したかどうかに関係なく、その会社を利用することはないでしょう。

B2C 業界において在庫管理は重要ですが、B2B においてはさらに必須のものとなります。各企業はそれぞれ独自の期限と目標を管理しています。もしその企業が必要としている時に在庫がなければ、その企業は売上、利益、生産性を失うことになりかねません。

企業の成長

1 つの小部屋分の在庫だけで済む小規模企業であれば、商品や部品を手作業で管理すればよいでしょうが、事業の拡大とともに、在庫の規模と複雑さは増してきます。顧客ベースが拡大すれば、新しい製品ラインが必要になり、次に、新しい生産施設などが必要になります。

事業を拡大する前に早い段階で効果的な在庫管理システムを導入することにより、急速な拡大によって増加する在庫関連の大きな問題の多くを避けられます。会社の成長とともに、顧客ニーズに応えるための効果的な在庫管理を継続できます。

実際のところ、企業が在庫を管理する方法は、製品の保管と計画から、カスタマーエクスペリエンス、セキュリティやコンプライアンス、そしてきわめて重要な当期純利益まで、企業のさまざまな側面に影響を与えます。

最も基本的には、在庫管理は生産から供給、在庫品、販売などのプロセスを経る製品や部品を追跡するための戦略と言えます。多くの企業は分析や予測をますますこのアプローチに組み込んでいますが、在庫管理の中核となるのは常に在庫そのものです。

在庫管理の形は企業の規模や管理する製品の種類により大きく異なります。例えば保存が効き、陳腐化する可能性も低い製品を扱う企業であれば、低需要の時期の間に長期保存ができるでしょうが、ほとんどの企業は在庫を長期間抱えることはできません。食品、衣料、電子機器などは、それぞれに品質保持期間があり、それを過ぎると商品の価値は大きく下がります。

在庫管理では、カタログを作成し、製品の購入や生産を合理化します。これにより最適な在庫規模を見積り、ある期間の在庫の内容と保管場所を決めることができます。また在庫管理は、保管中のあらゆる商品を管理し、販売商品の量をコントロールし、文を受けて商品を取り出し、適切な発送処理を行ううえでも役立ちます。

企業の在庫管理を向上させる手法は数多くあります。手法には次のようなものがあります。

  • ABC 在庫分析
    商品をさまざまな階層に分類する方法です。どの商品が最大の利益を得られるかが基準とされます。
  • バックオーダー
    顧客は未入荷の在庫を注文できます。
  • バルク発送
    大量の商品を割り引き価格で提供します。
  • コンサインメント(委託)
    業者から購入するのではなく、仕入れた商品の売れた分だけについて代金を支払います。
  • クロスドッキング
    長期保管の必要性を減らすために、製品が倉庫に届いたたらすぐに販売地への出荷準備をします。
  • 循環棚卸
    すべての商品を棚卸せずに少量の在庫を定期的に検査します。
  • ドロップシッピング
    在庫管理をサードパーティに外注します。
  • JIT 在庫
    手持ちの在庫を最小に抑えて過剰在庫のリスクを回避します。

生産からサプライヤー、保管を経て最終的に顧客に届くまで、在庫を追跡して管理するステージには 5 つの基本的なものがあります。

購入

顧客に販売するために完成品を製造元から購入する、あるいは製品の製造に使用する原材料を購入するプロセスに関連したステップです。

製造

自社で製品を生産する企業のみに該当する、原材料からの製品製造を管理するステップです。

保有

原材料や販売前の品物は適切な保管が必要です。保有ステージでは、保管状況を管理し、正確に在庫を維持します。

販売

商品や製品を顧客に販売して支払いを受けるプロセスです。

Reporting

最後の報告ステージは、販売される在庫の量、在庫から得られる利益、改善できるプロセスを明らかにする重要なステップです。

多くの種類の在庫があるように、企業の在庫管理を改善するための方法もさまざまです。在庫管理の一般的なベストプラクティスを次に挙げます。

需要を基に、在庫に優先順位を付ける

すべての製品を最適な効率性と精度で管理するのが理想ですが、在庫管理を導入したばかりの企業においては、最も需要の高い商品に取り組みを集中するのがメリットの多い方法です。トップセラー品目の管理を確実に行った上で、重要度の低い在庫に目を向けるとよいでしょう。

一元化されたリアルタイムのデータソースを構築する

効果的な在庫管理には正確で最新のデータが重要です。在庫管理ソフトウェアソリューションにより常に最新の在庫情報をもとにリアルタイムのインサイトが得られます。この情報をクラウドベースで一元化することで、企業全体で一貫した管理を維持できます。絶え間ないデータ集計によって、在庫の分析能力も向上できます。

可能な限り自動化をする

在庫管理ソフトウェアのもう一つのメリットとして、サプライチェーンの一部の自動化、あるいは全体の自動化でさえ可能です。自動化された在庫管理はデータの正確さを高め、従業員を別の作業にあてられます。また、自動分析により需要予測を改善し、ある時期に必要な在庫量の予測精度を高めることができます。

FIFO/LIFO 方式を使う

FIFO (先入先出) 方式では、古い在庫から順に出荷して販売します。LIFO (後入先出) は新しい在庫を優先して出荷する方法です。保存が利かない品は有効期限が切れる前に売らなければならないため、当然ながら FIFO 方式をとる必要があります。一方、保存の利く品目は在庫品の場所を頻繁に変えるコストを最小限に抑えるために LIFO を検討するとよいでしょう。

モバイルソリューションを活用する

バーコード在庫システムにより在庫管理が簡単、迅速に行えます。さらにモバイルソリューションを活用することで、従業員が在庫量をスキャンして中央データベースにアップロードできるだけでなく、世界のあらゆる場所から基本データを営業担当者や経営陣に提供することも可能です。

サプライヤー関係を構築する

在庫管理を効果的に行うには、信頼できるサプライヤーが大きな役割をはたします。また、サプライヤーは新たなトレンドに関するデータソースとしても大変に有用です。さらに、関係が良好なサプライヤーは、製品を運んで販売する部門に有利な価格も提示してくれます。いずれの場合も、サプライヤーとの強力な関係が重要です。

ある程度の安全在庫を維持する

安全在庫は、生産量が不足した場合に備えて用意しておく在庫です。需要が増えて供給が追い付かない場合に、安全在庫により注文に応えられます。

バンドル/キット

製品バンドル (在庫キット) は個々の品目をまとめて販売する方法です。古い、あるいは不要な在庫に伴う問題を解消し、在庫の追跡と管理をシンプルにし、注文総額を増やして配送コストも減らすことができます。

在庫管理に投資する

高精度のデジタル在庫管理ソリューションがないと、大きな問題につながるヒューマンエラーのリスクが生じます。信頼できる在庫管理プラットフォームは、データの精確さを高めて、リアルタイムの分析を可能にします。

その結果、商品の追跡に費やす時間と労力を減らし、顧客とのつながりに注力できるようになります。

在庫管理は商品をある場所から別の場所へ移すだけでなく、多くのプロセスが関連しています。適切なコストで最適な在庫を確保するためには、基本的なツール、マシン、ハードウェアが必要です。ServiceNow Hardware Asset Management (HAM) は、部門横断的なワークフローにより資産のライフサイクルプロセスを自動化します。重要な資産やハードウェアの追跡と管理、古いリソースの更新と破棄とともに、使用中の設備や機械を最適な状態に維持することで、ビジネスサービスを円滑に継続できます。HAM が提供する可視性とサポートにより、従業員は必要とする商品や製品を確実に揃えることができます。

可能性を発掘する

ソフトウェアライセンス、ハードウェア資産、クラウドのエンドツーエンドのライフサイクルを 1 つのプラットフォームで自動化します。

お問合せ
デモ