クラウド管理とは?

クラウド管理とは、パブリック、プライベート、またはハイブリッドのクラウドインフラストラクチャリソースとサービスを監督するツール、プロセス、戦略を指します。

IT サービスを取り入れた企業や機関が基本的アプリケーションをさまざまなクラウド環境へ展開する傾向は、ますます強まっています。一般に、クラウド展開は次の 3 つのモデルのいずれかに分類できます。

  • パブリッククラウド:パブリッククラウドは企業またはその他のサードパーティ組織によって管理され、一般市民や複数の組織が同時に使用できます。コンピューティングサービスは全ユーザーが共有し、ベンダー提供のセキュリティ対策でユーザーのデータとアプリケーションが他のクラウド顧客には表示されないようにします。
  • プライベートクラウド:プライベートクラウドは 1 つの企業専用で、他のグループとコンピューティングリソースの共有は一切ありません。こうしたクラウドの多くはその企業自身が構築と管理を行いますが、プライベートクラウドベンダーを介して利用できる場合もあります。
  • ハイブリッドクラウド:ハイブリッドクラウドソリューションは、パブリッククラウド、プライベートクラウド、オンプレミス IT インフラストラクチャの要素を組み合わせ、3 者間のオーケストレーション、管理、アプリケーションポータビリティを提供します。これにより、企業が自社独自のコンピューティングワークロードを実行するよう最適化された、柔軟性の高い単一クラウド環境を利用できるのが理想です。

クラウドコンピューティングによってもたらされる潜在的メリットには、コスト削減、セキュリティと柔軟性の向上、信頼性の高い持続可能性と拡張性、そして優れたオンデマンドデータ可用性があります。実際、こうしたメリットは IT 企業がインフラストラクチャの全体または一部をクラウド環境へと移行させる原因にもなっています。ただ、企業がクラウドで展開するエンタープライズアプリケーションが増えるほど、こうした多様なアプリケーションの効果的なオーケストレーションとモニタリングは、常勤スタッフ 1 人ではとても手に負えないことに気付く企業も増えています。

クラウド管理が提供するソリューションは、すべてのクラウドベースアプリケーションからデータを集約し、IT プロフェッショナルに動的コンピューティング環境に対する完全なコントロールを付与します。

ビジネスで情報に基づく意思決定を下すには、正確なデータと実用的なインサイトが必要です。ほとんどのクラウドベンダーは、企業がクラウドアプリケーションのセキュリティを確保して管理するよう設計された基本的なレポートツールを提供していますが、こうしたツールは数値の伝達とアラートの通知以上の機能がほとんどありません。おそらくそれよりも重要なことは、こうしたレポートツールはまったく統一されていないため、管理者は幅広いプログラムを操作してデータを取得、比較、抽出して組織全体で役立つものにしようと多大な労力を費やしているという点です。さらに、ほとんどのクラウドベンダーは独自のプラットフォームでクラウド管理を提供しているため、複数のプロバイダーを同時に使用する場合、またはハイブリッド環境で運用する場合に課題が生じます。

管理の改善を推進するため、クラウド管理ソフトウェアがターゲットクラウド環境に展開されています。サーバーとデータベースを含む仮想マシンとして運用するクラウド管理ソリューションは、クラウドアプリのアクティビティとパフォーマンスデータをキャプチャし、分析して結果を中央ダッシュボードに送信します。すべてのコネクテッドクラウドアプリケーションからのインサイトは Web ベースのインターフェイスを介して利用可能になります。IT ディレクターは各クラウドアプリにもコントロールを実施し、コマンドを発行して必要な場合は仮想マシンを通じて変更を行います。クラウド管理ソリューションは可視性とコントロールの向上を促進し、クラウドアプリケーションの管理に要する手作業を軽減します。

適切に使用すると、クラウド管理は企業全体のクラウドパフォーマンスを改善し、ビジネスの他の分野にも好影響を与えます。潜在的メリットには次のようなものがあります。

クラウドの無秩序な拡大を削減

IT ディレクターにとって大きくなりつつある重要な課題は、組織全体で使用されるクラウドリソースの数と複雑さが、IT 部門の管理能力を超えて拡大しているという点です。クラウド管理により、IT 部門はクラウドアプリケーションと関連データベースをより正確に追跡できるだけでなく、オフプレミスに最適なアプリケーションを特定してクラウドに移行されるワークロード数とデータを効果的に軽減することもできます。

クラウド管理のメリット

さらに効果的な分析

クラウド管理がなければ、IT 管理者は組織で採用されているクラウドリソースを個々に監視するという面倒な作業をしなければなりません。クラウド管理がこの作業を担い、社内外のクラウドアプリケーションからデータを収集して分析します。関連するすべてのクラウドサービスを共通のビューで監視できるため、管理者はクラウドリソースの使用状況の最適化に必要な情報とインサイトを得ることができます。

戦略の改善

クラウド管理の高度なモニタリングと分析の機能も戦略に役立ちます。クラウド管理は可視性が改善されており、クラウドでのユーザーアクションとワークロードの処理方法について明確なインサイトを提供します。IT 部門やその他の意思決定者は、ワークロードのバランスを取り、利用可能なクラウド機能をより効果的に最大限活用できます。さらに、ビルトインインスタンスの自動化により、ピークトラフィックの時間帯に動的にワークロードをプライベートクラウドからパブリッククラウドへ移動できるため、企業はより大規模なプライベート/クラウドインフラストラクチャをプロビジョニングしなくても需要に対応できます。

さらに信頼性の高いセキュリティ

最近のクラウドベンダーは効果的なセキュリティ対策を提供し、セキュリティパッチの最新状態を維持できるようになっていますが、それでもクラウドでの運用にはリスクが伴います。さらに、ほとんどのベンダーはクラウドベースのデータに漏洩が発生した場合でも全面的な責任は取らないため、企業はクラウドリソースのセキュリティを確保するために追加の措置を講じるよう警告されます。クラウド管理のダッシュボードとトレンド分析ツールは、ユーザーが潜在的弱点を特定し、セキュリティの緊急事態に迅速に対応するうえで役立ちます。

ポリシーの完全順守

社内でのデータ管理には価値と潜在的リスクが伴うため、あらゆるレベルのユーザーが確立されたクラウド利用のポリシーとガイドラインを順守することが絶対的に必要です。クラウド管理ツールを使用すれば、管理者がクラウドの使用状況を確認し、非順守アクションを特定し、その状況を修復するために対応できます。この情報は将来のトレーニングとポリシーの見直しに情報を提供するという点でも有益です。

最適なコスト管理

クラウド管理は企業のコスト削減とクラウド投資の利益率向上に役立ちます。クラウド管理によって、管理者はさまざまなクラウド展開オプションを使用する最適な状況をより正確に判断できます。そのうえで、利用可能なリソースをより効果的に割り当てられるため、使用されていないクラウドリソースを排除し、使用されているリソースをさらに有効活用できます。

「クラウド管理」は幅広い戦略、プロセス、ツールを指す総称ですが、組織がクラウド管理ソリューションに投資するとき、通常はクラウド管理プラットフォーム (CMP) の枠内で作業しています。

CMP ソリューションは、複数のクラウドリソースからデータをプルし、そのデータを含む統一インターフェイスを通して表示するよう設計されている API の包括的セットで構成されています。上位 CMP オプションはユーザーにプライベート、パブリック、またはハイブリッドクラウドインフラストラクチャのすべての側面に対する完全な可視性を提供します。これに含まれる詳細は、クラウドリソースがどのように使用されるか、ワークロードをどこで実行するか、特定の分野が効率的に使用されていないかどうか、セキュリティの脆弱性が現れる場所、ユーザーが確立されたポリシー、ガイドライン、ベストプラクティスを順守して運用しているかどうかに関連するものです。高度な自動化とインテリジェント分析を取り入れた CMP により、IT ディレクターは時間のかかる反復的なクラウド管理タスクから解放され、より戦略的な作業に注力できます。

これだけ大きくクラウドに依存している現代のビジネスでは、決められた予算を超えずにクラウドリソースを管理する信頼できるパートナーが必要です。ServiceNow は IT 管理ソリューションのリーダーとしてクラウド管理に専門技術と知識をもたらします。ServiceNow の Cloud Management は受賞歴のある Now Platform 上に構築され、業界を問わずあらゆる組織に支出を削減しリスクを最小化しつつクラウドのアプリケーションを管理するツールを提供します。ServiceNow Cloud Management はオペレーションのスケジュール、検出されプロビジョニングされた資産の監視、パーソナライズされたサービスカタログの作成、複数のクラウド環境にまたがる一貫性のあるセキュアな監査可能なサービスを迅速に提供できる機能をユーザーに提供します。その結果、最適化されたクラウドガバナンスによりアジリティの向上、コストの削減、収益率の改善を達成できます。ServiceNow はそのすべてを実現します。

ビジネスの成長に合わせた機能の拡張

ServiceNow のクラウド管理ソリューションで実現できる、大きな成果の差をご覧ください。

連絡先
Demo