クラウドサービスプロバイダーとは

クラウドサービスプロバイダー (CSP) は、クラウドベースのネットワーク、アプリケーション、プラットフォーム、ストレージサービスを、通常は従量制モデルで企業に提供します。

CSP サービスは基本的にクラウド中心のサービスを指し、クライアントは料金を支払ってリモートでそのサービスにアクセスします。一般にこうしたサービスは、サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS)、サービスとしてのプラットフォーム (PaaS)、サービスとしてのソフトウェア (SaaS) という 3 つのカテゴリのいずれかに分類されます。

インフラストラクチャ

IaaS ソリューションでは、CSP が必要なサーバー、ネットワーク、仮想化、オペレーティングシステム、データストレージ、データ管理へのアクセスを提供します。クラウドベースインフラストラクチャにアクセスするため料金を支払うと、顧客は包括的なクラウドソリューションを柔軟に利用できます。ただし、顧客はアプリケーション、データ、ランタイム、ミドルウェアの管理、必要な更新の実行、想定外のソフトウェアの問題への対処について責任を負います。

IaaS は基本的にセルフサービスモデルであり、ユーザーはハードウェアの購入とメンテナンスの費用を先送りにしながら自前のソフトウェアをそのハードウェア上で実行できます。

SaaS、PaaS、IaaS の比較

プラットフォーム

IaaS ではユーザーが自前のアプリケーションを提供する必要があります。いっぽう PaaS は、企業がアプリケーションを作成して展開するためのツールを提供し、アプリケーションの開発、テスト、展開をシンプルで費用対効果の高いプロセスにします。PaaS ではオペレーティングシステム、ミドルウェア、ランタイム環境を組み込むことがあります。IaaS ソリューションを使用して開発されたアプリは一般に、可用性、拡張性、マルチテナントというクラウドの優れた特長を継承しています。PaaS は基本的なハードウェアやその他のインフラストラクチャ関連の資産にも対処し、変化するビジネスニーズに合わせたクラウドリソースの拡大縮小も管理します。

PaaS を採用すると、ユーザーはカスタムアプリケーションのニーズに対応しやすくなります。またコーディング経験の必要性が軽減され、重要なプロセスを自動化しやすくなります。

ソフトウェア

最大かつ最も急速に成長するクラウド市場の代表格である SaaS は、PaaS をレベルアップした総合サービスです。SaaS はクラウドコンピューティングに関するほぼすべての責任を管理します。SaaS クラウドサービスプロバイダーは、ハードウェア、オペレーティングシステム、仮想化、スケーリング、機能を扱い、特定の業務を実行するように設計された、すぐに利用できるソフトウェアアプリケーションを提供します。SaaS ソリューションのなかには特定のプラグインが必要なものもありますが、ほとんどは標準 Web ブラウザーから直接アクセスできます。

SaaS では、企業がクラウドのメリットを最大限に活用できます。オンサイトでは最小限のリソースをメンテナンスするだけです。

CSP と連携するメリットは多数あります。最も明白なメリットは、オンサイトのハードウェアの設置、メンテナンス、修理、交換/アップグレードの必要性が少なくなるという点です。ハードウェアのニーズをサードパーティにアウトソースすることにより、企業はリソースと人員をハードウェアや維持管理などの関連タスクから他の重要なプロセスへと再配置できます。他にも、検討に値するさらに具体的なメリットがあります。

クラウドサービスプロバイダーのメリット

コストの削減

確かに、クラウドサービスプロバイダーとの連携にはコストが発生し、サービスを使用するほど料金も高くなります。ただしほとんどの場合、クラウドサービスのアウトソーシングのコストは常勤の社内 IT 部門の人員採用、トレーニング、支援、さらにすべての関連ハードウェアとソフトウェア (セキュリティ、修理、維持を含む) のコストよりは低くなります。CSP ソリューションは重要な責務の一部を肩代わりし、必要な投資を大幅に削減します。企業は必要なサービスとソフトウェアをレンタルして必要な期間に必要な量に対して料金を支払うだけです。

予測可能な経費

予想外の IT 需要、スケーリング、メンテナンスの問題は、企業にとって予測不能な多額のコストを発生させるおそれがあります。クラウドサービスプロバイダーからクラウドサービスをアウトソースすることで、こうした予想外の費用を回避できるため、企業は事前に予算を決定してから一定の月額料金を支払うことができます。機能停止、修理、メンテナンス、その他の問題はプロバイダーが対処し、ユーザーへの追加料金は発生しません。

技術的実現可能性の拡張

テクノロジーは静的なものではなく、常に進化しています。技術の進歩に遅れを取らないよう社内システムの更新と IT スタッフのトレーニングを行うことは非常に難易度が高く時間もかかります。競争力を維持するには、CSP が最新の情報や新しい関連技術のすべてに精通している必要があります。また、顧客にこうした技術が確実に提供され、利用可能である必要があります。クラウドサービスプロバイダーと連携することにより、企業は信頼するシステムとツールを今後も使用できるよう備えることができます。

一元化サービスとアプリケーション

社内ネットワークとデータベースのソリューションは複数の場所やサイロにまたがることが多く、包括的な全体像を把握することが非常に困難になります。CSP はすべてのサービスとソフトウェアを 1 か所のデータセンターに一元化します。ユーザーは重要な情報にアクセスして分析し、重要なツールを導入し、何よりもすべてが完全統合され 1 か所に集約されているという安心感があります。

災害復旧の向上

局地的な災害などの緊急事態では、社内ネットワークサービスが停止するおそれがあります。クラウドベースソリューションはオフサイトで維持されているため、基本的にこうした緊急事態に影響されません。それと同時に、クラウドサービスプロバイダーは定評のある冗長性とレジリエンス計画によって、最も過酷な混乱に対しても事業継続性を確保します。これは迅速な復旧とダウンタイムの最小化につながります。

迅速な問題対応

多くの CSP は事前対応型モニタリングをサービスの一環として提供しています。また、すべての関連データとリソースを単一のクラウドベースデータセンターに集約することで、問題の発生をさらに特定しやすくなります。いずれの場合も、応答時間が短縮され、重大な中断につながる可能性が低下します。

クラウドサービスプロバイダー内部では、検討に値するサブカテゴリが 2 つあります。「パブリッククラウド」と「マネージドプライベートクラウド」です。

パブリッククラウド

パブリッククラウド環境はマルチテナントです。つまり、複数の顧客にサービスを提供するために同一のコンピューティングリソースを使用します。クラウドサービスプロバイダーはインフラストラクチャを所有し、メンテナンスの責任を負います。また、データとリソースへのアクセス権限が認可ユーザーのみに与えられていることを保証する責任を追います。どの企業も、同一クラウド環境の他のクラウド顧客のために保有されている情報にアクセスできないということです。

パブリッククラウドとマネージドプライベートクラウドの比較

マネージドプライベートクラウド

マネージドプライベートクラウドは特定の CSP が提供するシングルテナントサービスです。ソフトウェアはサードパーティプロバイダーによって展開、管理、構成されますが、使用できるのはクライアント企業のみです。リソースは複数のユーザー間で共有されません。

パブリッククラウドとマネージドプライベートクラウドのその他の違い

  • コスト
    パブリッククラウドリソースは通常、使用した時間またはバイト数を基準とする従量制モデルを使用して課金されます。マネージドプライベートクラウドは固定契約で、アクティビティの急増への対応に関する条項があります。
  • 場所
    パブリッククラウドは通常、ユーザーが世界のどこからでもアクセス可能ですが、マネージドプライベートクラウドの特定の固有のクラウドインフラストラクチャは現地のサポートとメンテナンスを必要とします。
  • セキュリティ
    ほとんどのパブリッククラウドプロバイダーは個々の組織よりもデータのセキュリティ確保と漏洩防止や対応に長けていますが、重要なデータや機能を格納したシステムを所有または管理しないことによる一定のリスクはあります。マネージドプライベートクラウドは、あらゆる潜在的なセキュリティとコンプライアンスの問題に精通している定評あるプロバイダーを採用してパートナーにできるかどうかに左右されます。
  • 信頼性
    パブリッククラウドプロバイダーは、契約条件を履行するために一定の割合の稼働時間を保証できる必要があります。サービスレベルアグリーメントにもサービスの復元と変更要求の条件が規定されている場合もあります。1 件のクライアント専用の単一クラウドインフラストラクチャを維持するマネージドプライベートクラウドは、コンピューティングの負担を多数のサーバーに分散しにくくなるため、物理的なハードウェア関連の問題の影響を受けやすくなる場合があります。
  • 技術仕様
    パブリッククラウドプロバイダーは、関連オペレーティングシステムのミドルウェア、ストレージなどを実行する認定に対する責任を負い、クラウドリソースとツールがクライアントの既存システムと円滑に統合することを保証する責任も負います。一方、マネージドプライベートクラウドユーザーは個別に認定する必要があります。
  • サポート
    パブリッククラウドプロバイダーは多くの場合、幅広いユーザーと業界にわたって適用可能な設計の標準サポート契約を利用します。こうした契約にはアクティブなソフトウェアサブスクリプションの検証、問題解決、セキュリティの維持、パッチの展開が含まれます。これに比べてプライベートクラウド契約は標準化されておらず、クライアントの特定のサポートニーズに合わせてカスタマイズ可能です。

クラウドサービスプロバイダーは多数存在するため、適切な相手を見つけるのは難しい場合もあります。ベンダー候補を検討する際は、次の 4 つの点を考慮してください。

健全性とプロセス

クラウドサービスプロバイダーは必須データと多くの重要な機能に対する責任を負い、組織に直接的な影響を及ぼします。そのため、CSP 選択の最重要要素のひとつはプロバイダー自体の経営状態です。その CSP は財務的に安定していますか?正式に確立された管理ポリシーと手順が実施されていますか?基本的なビジネスと技術のノウハウを提示できますか?クライアントの要件へのコンプライアンスを検証できますか?そして、信頼できるプロバイダーとして評判は高いですか?

サポート

CSP が提供するサービスとサポートは数値化可能で信頼できるものである必要があります。合意したレベルのサービスを保証し、パフォーマンスが契約上の義務と一致することを示せなければなりません。受入可能なサービスレベルアグリーメントを提供していますか?有効なレポートとリソースモニタリングを許可していますか?請求と会計が数値化可能で、クライアントが何に料金を支払っているかを容易に確認できますか?請求関連の問題が発生したときのサポート体制は整っていますか?

機能

多くの IT タスクとプロセスの有効な代替として、クラウドサービスはクライアントが信頼できる技術的能力を証明する必要があります。そのクラウドサービスは、クライアント側で展開と管理を容易に、直観的に実行できますか?標準インターフェイスを採用し、クライアントがクラウドへの接続をさらに構築することはできますか?イベント管理はモニタリングと管理のシステムと統合されていますか?正式な変更管理プロセスは実施されていますか?CSP はハイブリッドクラウドモデルをサポート可能ですか?

セキュリティ

最後に、クラウドサービスプロバイダーはクライアントの大切なデータを保護できなければなりません。包括的セキュリティインフラストラクチャを提供し、セキュリティポリシーはデータアクセスを制御するに足る内容ですか?有効な ID 管理を採用してアプリケーションとデータを不正な変更から保護できますか?顧客データの整合性を保証するポリシーを採用していますか?物理ハードウェア資産はセキュリティが確保され、データセンターは中断イベントから保護されていますか?冗長電力とネットワークを備え、信頼性の高い復旧と非常事態計画に裏付けられていますか?

クラウドへ移行中の企業はクラウドサービスプロバイダーが十分に対応しきれないさまざまな困難に直面しています。ServiceNow はそのギャップを埋めます。

デジタルワークフローを提供し、企業が重要なタスクを自動化して異なるシステムを統合できるようにするため、ServiceNow はクラウドサービスプロバイダーと連携して重要プロセスを最新化します。ServiceNow はセキュリティとプライバシーを強化し、さらにシームレスなデジタルトランスフォーメーションを促進し、クラウドサービス環境への移行を迅速化します。ServiceNow は、これらすべての活動を通じて、企業がすべての必要な規制とセキュリティ規格を完全に順守しつづけられるよう支援します。

ServiceNow はデジタルトランスフォーメーションとクラウドへの適応の定着、そこからもたらされるすべてのメリットに向けた変化をリードします。

顧客がガバナンスを導入しつつ、迅速かつ安全にパブリッククラウドやプライベートクラウドに移行できるようにします。

ServiceNow で CSP のギャップを埋める

ServiceNow との連携により、クラウドサービスプロバイダーは IaaS、PaaS、SaaS を網羅するマネージドサービスを作成できます。

連絡先
Demo