アクティビティ図とは?

アクティビティ図とは、ワークフロー図を拡張したもので、システム運用の流れを一連のアクションとして視覚的に表したものです。

人は「ある場所」から「別の場所」へ移動するときにはいつも、道に迷わないように地図に頼ってきました。ワークフロー図 (「フローチャート」とも呼ばれる) も同様の機能を果たし、各プロセスで取るべきすべてのステップを、依存関係、責任、ツールなどを含めて詳細に記述しています。これにより、ユーザーは効果的なワークフローを論理的に計画し、非効率的なステップや障害を排除して、チーム間で協力し、プロジェクトの各ステージで想定される次のステップを確認することができます。

ワークフロー図を使用したワークフロー設計ツールの例は、『ServiceNow Flow Designer』を参照してください。Flow Designer を使用すると、プロの開発者とローコードビジネスアナリストの両者が、自然言語を使用し、デジタルワークフローとしてあらゆるビジネスプロセスを自動化し統合することができます。

アクティビティ図は、この概念をさらに発展させたものです。統一モデリング言語 (UML) の行動図であり、正式に指定された表記法、記号、規則を使用して、システム内のアクティビティのワークフローを示すものです。UML でのアクティビティ図は、一般にソフトウェアシステムのモデリングに使用されており、システムで起こるべきことを描写しモデル化していることから、「行動図」と捉えられています。

フローチャートや他の図と同様に、アクティビティ図も、システム内の動的な動作を視覚的に表すための方法です。アクティビティ図では、プログラムの流れを俯瞰的なレベルで描写するため、特定の操作に関連する条件や制約をより明確に理解することができ、アクティビティ間のメッセージの流れを確認することができます。

UML でアクティビティ図を作成すると、条件付き動作と並列動作の両方をモデル化し、図示することが可能になります。アクティビティのフローは、UML フロー図のさまざまなコントロール要素を用いて管理することができます。使用方法としては、アクティビティ図は以下のような用途に適しています。

  • ユースケースとそれを構成するステップをモデル化する。
  • コンポーネント間の相互作用の許容シーケンスとして、ソフトウェアプロトコルを詳細に記述する。
  • ソフトウェアアルゴリズムをモデル化する。
  • システム内の複数のユーザー間のビジネスワークフローを図式化する。
  • システムエンティティ間の実行フローをモデル化する。
  • システム内の機能やアルゴリズムに関する詳細情報を示す。
  • システム機能に関する理解を深める。

他の種類のビジネスプロセス図と同様に、アクティビティ図を使用する主な価値・効果は、プロセスの可視性と明瞭性を向上させることです。ユーザーは、オブジェクト間の関係や、オブジェクト間のフローを簡単に理解できるようになります。また、さまざまな責任や依存関係がどこにあるのか、重要な決定をしなければならないのはどこなのかを確認することができます。同様に、アクティビティ図はコラボレーションや文書化にも有益で、チームや部署を越えて簡単に共有できる方法でプロセスを伝えることができます。

これらの価値・効果に加え、アクティビティ図によって、企業は次のことを達成できます。

  • アルゴリズムの論理を示す。
  • UML のユースケースで実行されるステップを記述する。
  • ユーザーとシステム間のワークフローを図示する。
  • 潜在的に複雑なユースケースを明確にすることで、プロセスを簡素化し、改善する。
  • 機能、方法、操作など、ソフトウェアアーキテクチャの要素をモデル化する。
アクティビティ図の価値・効果 - ServiceNow

アクティビティ図は UML の標準的なルールに従いますが、これらの図を作成する際、特にどのようなコンポーネントを含めるかについては、ある程度の自由度があります。最も一般的なアクティビティ図には、次のようなコンポーネントが含まれます。

アクティビティ

アクティビティはビジネスプロセスを説明するもので、アクティビティノードとアクティビティエッジが含まれ、シーケンスに沿ったタスクのフローを可能にします。

アクション

アクションとは、ソフトウェアやユーザーによって実行されるタスクのことです。アクションは、すべての「入力条件」が満たされたときに開始され、入出力「アクティビティエッジ」を使用して、アクティビティノード間のコントロールとデータのフローを指定します。

アクティビティエッジ

アクティビティエッジは、アクティビティノード間の直接接続で、2 つのアクティビティノード間でトークンが取ることのできる経路を表しています。アクティビティエッジは、前のアクションが完了したら、次のアクションへとフローを継続させていく役割を果たすものです。

コントロールフロー

コントロールフローは、図内のステップとステップの間のフローを視覚化するコネクタです。

開始ノード

図の開始時点にある最初のノードで、アクティビティの開始点を表します。

デシジョン

図の中で、ユーザーやソフトウェアに選択肢があるポイントです。各選択肢は新しい分岐につながるため、デシジョンは 1 つの入力と少なくとも 2 つの出力から構成されます。

マージ

マージは、「デシジョン」とは逆に、複数の分岐やフローを 1 つのポイントにまとめます。マージは、少なくとも 2 つの入力と 1 つの出力で構成されます。

終了ノード

終了ノードはアクティビティの最終ステップで、終了ノードの完了は、同様にアクティビティが完了したことを意味します。

IT 管理の業界リーダーである ServiceNow は、世界中の企業に高度なアクティビティマッピングの価値・効果を提供しています。受賞歴のある Now Platform 上に構築された ServiceNow Process Optimization では、監査証跡からのデータを使用して詳細なプロセスフローを作成し、掘り下げたビジネスプロセス分析を簡単に行うことができます。プロセスにある障壁を解消し、隠れた非効率性を明らかにして、プロセスとアクティビティのフローを詳細に視覚化することで、各接続、依存、関係の完全なマップを作成することができます。Process Optimization はこれらのすべてを可能にします。

Process Optimization を導入することで、企業は、正確でコスト効果の高い図を素早く作成することが可能な、使いやすいソリューションを手にすることができます。具体的には、ServiceNow Process Optimization を使用する企業には、次のようなメリットを享受する傾向が見られます。

プロセスの最適化

重要なプロセスと、それに対応するすべてのタスク、アクティビティ、アクション、責任、依存関係を詳細に観察することができます。比類のないプロセスの可視化により、サービス提供を継続的に測定および改善して、SLA と顧客の期待により近づけるようになります。ServiceNow では、プロセスの最適化を継続的に、そして効果的に行うことができます。

より良いパフォーマンスのモニタリング

Process Optimization によって改善されるのはプロセスだけではありません。関連するプロセスに関与する従業員、エージェント、その他の人々が、自分たちのパフォーマンスをより詳細に把握できるようになります。Process Optimization により、企業全体の効果を確認し、比較することが可能になり、リーダーや従業員は、ワークグループやタスクの成果を向上させるための措置を講じることができるようになります。

生産性の向上

ServiceNow Process Optimization を使用してビジネスプロセスを簡素化することで、企業は不要な要素を排除し、従業員やマシンに、アクティビティ完了までの一連のステップをわかりやすく提供することが可能になります。これは、リソースの解放につながり、そのリソースを他のプロジェクトやタスクに適用する機会を企業にもたらし、企業は全体的な生産性を向上でさせることがきるようになります。

効率性の向上

生産性の向上と同時に、コアビジネスプロセスから不要な要素を排除することは、投資コストの低減にもつながります。より少ない資源でより多くのことを実現し、ビジネスプロセスの効率性を高めることができます。

より迅速な成果

プロセスの簡素化は、ソリューションの迅速化を意味します。また、ServiceNow Continual Improvement Management や他の ServiceNow アプリケーションと統合することで、企業はこれまで以上に素早くワークフローを改善することができます。

Process Optimization の詳細を見る

Process Optimization の詳細を確認して、世界で最も先進的なワークフローとアクティビティ図作成ツールを業務で活用しましょう。

連絡先
Demo